2021年7月17日(土)開催の「新作コン2021」について、kazukiさんからの「光砕のリヴァルチャー」のゲーム紹介を掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

kazukiと申します。今年4月発表の新作システムなので、ゲームマスターもシステム初心者です。
ですがコンベンションでのゲームマスター経験自体はございますので安心してご参加ください。

システム名、システムの紹介

『光砕のリヴァルチャー(どらこにあん)』
─ふたりで生きる終末世界。ふたりで守る、人類の最前線。─
光砕のリヴァルチャーは、終末世界の人類の希望として複座型人型決戦兵器「リヴァルチャー」に乗って戦うロボットアクションTRPGです。プレイヤーは複座型人型決戦兵器「リヴァルチャー」のパイロットである「シュヴァリエ(操縦士)」(と「フィアンセ(ナビゲーター)」)となって人類の敵である生物兵器「ソラバミ」と戦うことになります。
このシステムの特徴は何といっても“ロボットTRPGらしからぬ簡単さ”です。ロボットアクションTRPGにありがちなデータやルールの複雑さを可能な限り減らしつつも、しっかり“ロボットバトルしてる感”がある初めての方にこそオススメできるシステムとなっています。

対応可能プレイヤー数

1~2名

TRPG初心者対応可否

可能です。

システム初心者対応可否

 もちろんOKです。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

機体構成にも依りますが、6面体ダイス(いわゆるサイコロ)が10個位あれば大丈夫です。
ゲームマスターがかなり余分に持ってるので持ってなくとも大丈夫です。

使用ルールブック

基本ルールブックのみ。但しロール&ロール誌掲載の追加データは当日ゲームマスターが掲載内容を確認でき、問題なさそうなら使用を許可します。

キャラ作成、持込可否について

基本的に当日作成を予定しています。

シナリオ名、シナリオの出典

「360 frontline」(出典:公式HP掲載連続シナリオ)
公式サイト掲載の連続シナリオ第1話です。時間が余れば第2話もいけたらいいな。シナリオ経験者の方でも、ボスデータの差し替えで対応可能です。

シナリオのあらすじ、注意事項など

人類解放戦線ヨルトリ。
灰色の荒野を巡り、様々なソラバミを撃破してきたフォートレス群による、合同演習の呼びかけが届きます。
豊富な資材の供給など、魅力的な見返りもあり、断る理由はありません。
あなたはフィアンセと、自分たちの拠点のコアスタッフと共に、人類解放戦線ヨルトリの停泊地へ集結します。

しかし、そこであなたたちは、予想もしない窮地に巻き込まれることになるのでした。

※システム上で情報収集がないので、クライマックス戦闘以外はお題やシチュエーションに合わせてロールプレイする事になります。エモいロールプレイや掛け合いが好きな人にオススメです!